よくある悩み・トラブル 心と食と健康 気持ち

出会いはあなたにとって必要な人

人は大事な時に必要な人に出会いが起こると、人生が好転するきっかけとなる事があります。

『あの出会いはあなたにとって必要な人だった』という事が後でわかったりします。

出会いには、人との出会いもあれば、本との出会い、物との出会い、芸術との出会い、音楽との出会いスポーツとの出会いなどさまざまです。

 

出会いで一番大きな影響力は、やはり人との出会いです。

今日は出会いで変わった人生の話をさせて頂きます。


必要な人との出会いによって変わる人生

人は出会う人によって大きく人生が変わることがあります。

子供の反抗に大変悩んでいた人がいた時に、

加藤諦三の名言

・自分の子供を誇りに思うこと。子供はこれで成長していきます。

・親の心の問題は、子供を通して現れてきます。

 

この言葉を教えてもらってこの言葉に納得し、

  • 子供が良い行いをした時
  • 何かに努力をした時
  • 決めた事を最後までやり続けた時
  • 友達や兄弟姉妹に励ます言葉を言っている時などに

『○○ちゃんを誇りに思うよ』

と言っている内に子供に自信がついてきたのか、反抗をしてきてもしっかり親子が向き合え話し合いができるようになってから乱暴な言動が減ったという方がいました。

 

親子の努力があってのことだとは思いますが、親の姿は子供の姿でもある事も気付かされ教えてくれた方との出会いで家族の絆が深まったことも聞けることは本当に嬉しく思います。

 

人との出会いによって気付かされる言葉掛けの重要性、行動や自己分析をすることで親自身が見直すきっかけとなり、子供の成長に大きな影響を与える事に繋がるのですから人との出会いの大切さを実感させられます。

 

自信がなかった子が人との出会いで変わる

自信のない時には、身近に関わっている人からの声掛けや応援はやる気を高められ、意外な能力を発見することが起こります。

 

世界的に有名なアインシュタイン博士や発明家のエジソンの幼少期は環境に適応できなく苦労があったようですが、両親や親戚などの関わりの中で多くの導きを通して天才的な素質が出たといわれています。

 

私の身近な人の実例にも、

お子さんが大学受験を3校受けるもすべて不合格となり、やる気をなくしていた時に塾の先生から「お前の行く大学ではなかっただけだ、お前が本気を出したらどこの大学でも入れる」と言われ「偏差値52の僕がどこの大学にも入れるわけがない、先生は僕を馬鹿にしているのですか?」と怒ったそうですが、先生は「先生にはわかるんだ」と言って微笑んで肩を叩いてその場を去って行ったそうです。

 

その後も「お前はやればできる」と暗示をかけているのではと思うくらいに会うたびに言われる内に「俺、できるのかな」と思い始め、塾で出された問題集を真剣にやっていく内に偏差値が徐々に上がりはじめ有名大学を受験できる程の成績となっていき、ついには夢だった大学に合格した方がいます。

 

合格後、先生に「何故お前はやればできる」以外は言わなかったのかを聞く機会ができ、先生は「受験に失敗した君が、合格した仲間に『おめでとう』と言って笑顔で去っていった時に、この子はできると直感で感じた」といわれたそうです。

この一年間ずっと見守っていてくれたんだと思った瞬間、涙が止まらなかったそうです。

「僕はこの素晴らしい体験をする為の大事な一年間を生きてきたのですね」

と言うと、先生は大きくうなずいて涙を流され、

「大学受験も大事だが、これからの長い人生を君らしく生きていって欲しい。君ような優しく強い子に育ててくれた両親に感謝しなさい。」と言われたそうです。

 

人との出会いで自己肯定感も人格も高まっていったことで、未来に希望まで与えられていくことも聞かされた時は、言葉の力と思いの力の素晴らしさを改めて知るきっかけとなりました。

 

現在12歳の孫も、中学に入って小学校とは異なる環境について行こうとしながら、異常なほどのクラスメートのライン投稿の数やゲームの話題や人間関係に戸惑い気味で、恥ずかしい話お風呂にも入らない日が続いたり、朝方までゲームをやっていたりと親も困惑していました。

 

勇気を絞り塾の先生に相談すると、「もうきましたか、早熟ですね」と言われ「授業が始まる30分前に、僕の所に来るように伝えてください」と連絡がありました。

 

孫が先生と30分話した内容は、「○○はやることが早い、そして最後までやり抜く。これはすごい事だ」

「入校した時には最下位だった子を名門高校へ排出してきた。多くの子は君のようなタイプが多い、○○の希望する未来を先生が応援する」と言われ分からない教科の確認もしてくれているようです。

 

自分が先生から信頼されたことに自信がつき、勉強だけでなく親や兄妹や友達などの悩みが起きた時は相談できる人がいるというだけで不安が消えていくのですから、人との出会いほど大きな影響を与えることはないという事を実感させられます。

 

孫の未来もいろいろな体験をする中で多くの事を学んでいくことだと思いますが、どんな時も前を向いてしっかり歩いていって欲しいと思っています。

 

祖母として、孫や子供の多方面に協力できることは手助けをして、お互いが笑顔の多い日をたくさん積み重ねていきたいと子供や孫を見ていて教えられます。

 

『ピンチはチャンス』という言葉を聞きますが、今の現状は未来が良くなるためにおきる出来事として前向きに捉えて歩んでいくことを教えられています。

 

この記事をチェックしてくださった方にお薦め
否定的な感情に言葉で心を強くする声掛け
孫のやる気が出る言葉・やる気を奪う言葉




-よくある悩み・トラブル, 心と食と健康, 気持ち

© 2022 孫育navi