親の気持ち

娘が結婚をして寂しい!親の今後の生き方

娘の結婚が決まって嬉しさの反面、娘が自分たちの家からいなくなる事への寂しさが日に日に募り、結婚式が終わって自宅に戻った時の寂しさは言いようのない孤独感で気力が萎える体験をします。

 

私自身も体験がありますが、娘の結婚式を終えて自宅に帰ってきた時の寂しさは、未婚の子供がまだ二人いるにも関わらず、言いようのない寂しさが込み上げ部屋のあちらこちらに残っている娘との思い出が蘇り、知らず知らずのうちに涙がこぼれ落ちていました。

 

娘さんが結婚して寂しさが続くお母様になると、うつ状態に陥る方もいらっしゃいます。

娘さんを結婚させて寂しさが癒えない親御さんに向けてお届けさせて頂きます。


娘が結婚して寂しさが癒えない両親

娘の結婚式を終えた後に残った親の思いは、計り知れない寂しさや空虚感に襲われます。

 

特に娘と仲のいい親子関係をしてきた方に多く、急激に老け込んでしまったり、うつ状態に陥り食欲不振、睡眠不足となり抜け殻状態に陥ってしまう方もいます。

 

私の両親も姉と私が相次いで結婚をしたことから、すべてにやる気が萎えてしまい、無口な父から「母さんの様子がおかしいから、時々顔を出してくれないか」と連絡が入ったほどでした。

 

週一で顔を出していた頃に妊娠、つわりが酷く食事が取れないことから、母が時々顔を出すようになり、出産準備や孫の衣類やおもちゃを見に行く事でうつ状態がなくなったことがありました。

 

母とはよく話、外出して外食も楽しんでいた日常から一転して、話し相手もいなくどこにも出ない毎日が辛かったようです。

 

私の母だけでなく、先日、娘の友人の妹さんが結婚をされた為、お祝いをもって久しぶりに友人宅に行くと、同居しているお母さんにお会いすると、綺麗で若々しい友人のお母さんが別人のように驚くほど老けてしまって心配したほどだったようです。

娘を嫁がせた母親の様子

  • 娘との楽しかった日々が思い出され涙もろく
  • 寂しさと孤独感に見舞われる
  • 親の役割が終えた
  • 容姿まで老け込み変貌

女手一つで子供を育ててくれた母親が、常に子供の気持ちを尊重し、自立した考え方や行動を応援してくれ、娘を思う愛情の深さを常々感じていたからこそ、「母を大事にしていきたい」と娘さんは今後のご両親の応援をしたいと言われていたようです。

 

娘にとって友人のご両親の姿が衝撃となり、我が娘との関わり方や今後の自分の未来を改めて考えさせて頂けたようでした。

 

参考嫁いだ娘は家族なの?娘との付き合い方

結婚をして嫁いだ娘との付き合い方で悩みをもっている親娘が案外多く、特に子供ができる前と出来た後の関わり方で多くの体験から距離が出来てしまうことも...。 娘に子供が授かり子供の成長と共に母親としての貫 ...

続きを見る

 

寂しさの感情を開放する方法

『寂しい悲しい』と言って涙を思いっきり流すと、何故かすっきりしてしまったという体験をしたことありませんか?

 

涙は不思議な魔力が潜んでいると感じることがあります。

何故かスッキリして感情が前向きに導かれているように思えるときがあります。

 

涙を流すことで

副交感神怪が心身を和らげ

リラックス効果が得られる

と言う理由でもあります。

 

悲しみが深すぎる時は、交感神経が気をはっていることもあって涙が出ない時もありますから、涙が出る時には『ありがとう』といつも感謝です。

 

涙を流して感情の開放ができた時は、価値観も依然とは異なり、次の訪れる家族との在り方を大切に出来るようになります。

人生はステップアップして今を大切に生きることを学んでいることを痛感します。

 

悲しみも喜びもすべてが幸せな日々を作っていることに気が付く時が訪れます。

 

辛い時、悲しい時に聞いてみてください心が癒されます。

子供や孫の成長に合わせてやり甲斐を見つける

子供の成長は楽しみな反面、子離れは寂しさを伴う母親たちの声を聴きますが、母親の役割を果たした一段階として捉える方が多いことです。

 

次に待っている出来事は、孫のお世話を協力する事です。

 

子育てを子供夫婦だけでしっかりやっている方もいますが、祖父母の協力を得ながら、三世代で成長していく家庭もあります。

その家庭や環境にあった方法で、三世代が関わり合っていくようになると祖母のやり甲斐が訪れます。

 

やり甲斐が孫へ向き終えていくと、つぎのやり甲斐を見つけなくてはいけなくなることもあって、自らの遣り甲斐を見つけておくことは必須と感じます。

 

巷では、子育てが終わり、次に孫育てが終わると、これから何をしていけばいいのか分からないという方がいますが、本当にその通りだと思います。

 

父親は仕事に打ち込み励み、母親は家事育児に励み、さらに孫の面倒をみてきてご自身のやりたい事ができなかった事があったのではないかと推察します。

 

ご自身がやってみたい、これをやりたかったという趣味や学びや夢があるようでしたら悔いのない人生を今からでもしてみては如何でしょうか?

 

私と同世代の方が作家になることが夢だったらしく、「今はいい時代で誰にでもチャンスがあるからありがたいですね」とお話ししてくださった方がいましたが、ネットで検索をすれば知りたい事を知れてやりたいことを見つけられる、本当に素晴らしい時代だと改めて思いました。

第二の人生の過ごし方

  • ○○教室等の学びや習い事
  • 家庭菜園・ガーデニング・盆栽
  • ウォーキング
  • ボランティア活動
  • 将棋・囲碁
  • 手芸
  • 釣り
  • 日曜大工・プラモデル制作
  • 美術鑑賞・絵画
  • 料理・お菓子作り
  • 音楽鑑賞・映画鑑賞
  • ドラマ鑑賞

ドラマ鑑賞
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】申し込みができます、ご参考まで。

 

人生の楽しみ方は人さまざまですから、ご自身が若いころ夢だったことを思い出したり、この時代だからできる事、したい事が見つかるかもしれませんから、探すことも楽しみとして捉えると何もかもが有意義な日々ときっとなります。

 

笑顔と喜びと感謝をもって今、今、今を大切に生きていきましょう。

この記事をチェックしてくださった方にお薦め
嫁いだ娘は家族なの?娘との付き合い方
嫁の実家の近くに住むメリット・デメリット
「ママよりおばあちゃんが好き」には孫の理由が...!




-親の気持ち

© 2021 孫育navi