じぃじとばぁばの気持ち 娘・息子の気持ち

孫の世話にお金が掛かることを気付いてほしい!

息子娘夫婦の共稼ぎが増えてきた昨今、孫のお世話は祖父母が面倒を見ているケースが多くなってきています。

孫育ては親の代理で育児をしていくのですが、祖父母が何もしていないという理由もあって孫の面倒を見る事が当たり前のようになっています。

 

本来であれば、我が子を育てる役割は親ですが、息子娘の親への甘えから孫を祖父母が見ている家庭の中で金銭的な面でも甘えがおこり、祖父母の経済的な負担が大きくなってきています。

孫の世話にお金が掛かることを気付いてほしいと思っている祖父母ですが遠慮していることもあるようです。

孫を育てていればお金がかかる 老後破産にさせないで!

子供を成長させるには、日々の生活にかかる費用や育児、外食やちょっとしたお出かけであってもお金は掛かるものです。

 

中には、我が子の面倒を見てくれるからと多少の金銭をもらっている老父母もいるかもしれませんが、ほとんどが資金援助という形で老父母が孫の面倒を見ていることが増えてきています。

 

孫のお世話をすることは、最初はかわいい孫をこの手でお世話することに喜びや楽しみがあったりしますが、月日が経ってくると孫育てに体力が続かなくなっていき祖父母が考えているほど楽でないことを理解ができてきたりします。

 

かわいい孫へついお金をかけたくなって、自分たちの老後の事を考えて蓄えてきた資産などにも手を付けるようにもなったりしています。

 

息子娘も両親に資産があるからと甘えて子育てにかかる費用をすべて両親である祖父母に甘えて孫にかかる一切のお金を祖父母に出させているケースもあります。

 

14158628057_bd0c07e84e

孫疲れで年を重ねた両親の面倒をだれが見るの?

息子娘たちの子供が大きくなってくると次に待っているのは、孫疲れで年を取った両親です。

 

老後の資金に貯蓄した資産も孫や息子娘たちの為に使い果たしては、孫破産して年老いた両親は誰が面倒を見るようになるのでしょうか?

 

孫への資金援助することも大切ですが、祖父母の老後破産に陥らないように息子娘たちにも理解してもらい、子供を両親に預けて共働きをするときには我が子のかかる費用は親である息子娘が負担することで老後破産から逃れらさせてあげましょう。

 

両親が年を取っていけば最終的には、息子娘たちが面倒を見ていくようになってきます。老後破産を起こした両親の面倒を見るのは経済面でもかなり大きくのしかかってきてしまいますから、親にとっても息子娘にとっても老後の資産を残しておくことは重要です。

 

可愛さだけではなく未来を見据えた孫と息子娘のかかわり方

孫は本当にかわいさが満載で「目の中に入れても痛くない」と思うほどかわいい存在ですが、年を取っていく自然の流れと鍛えたとしても体力も限界があることを知った上で、孫や息子娘との関わり方を考えていく必要性があります。

 

息子娘夫婦の共稼ぎなどで協力できる範囲を互いに理解し合いながらの、孫のお世話であったり、孫の育児に関してもどこまでの協力ができるかを未来の「孫破産」にならない程度に話し合いながら事を進めていくことが大切になっていきます。

 

未来が安心した両家族の姿となれるような孫と息子娘と祖父母の大切なかかわり方ができるようになれたらいいですね。
祖父母の未来の関係を自分たちの子供である孫がその姿を見ていることも知っていきましょう。

孫家族の帰省で思うみなさんの声




-じぃじとばぁばの気持ち, 娘・息子の気持ち

© 2021 孫育navi