じぃじとばぁばの気持ち 嫁・婿の気持ち

孫は嫁のものなの?古い価値観かえましょう!

孫が生まれて孫に会いたくてもなかなか会えないと、「孫は嫁のものなの?」と不満を言うお姑さん!気持ちは分かるけれど、孫も嫁も子も家族!

古い考え方が引き起こすもめ事をなくすための方法を紹介していきます。

 

孫は嫁のものなの?と怒るお姑さん

十月十日の辛い妊娠期間を過ぎ、出産を終えやっと重い体が軽くなったと思ったら、子育ての大変さが待っていたという体験を耳にしますが、それだけではないのですよね。

 

赤ちゃんに会いたいたくてお姑さんから頻繁に連絡がきたり、近所に住んでいる場合は毎日のように来るケースもあるくらいかわいくてお嫁さんの事も考えてあげられなくなってしまうお姑さんで悩むお嫁さん辛いですね。

 

近所でもお姑さんが「初孫なのになかなか合わせてもらえない」と寂しそうな事を言っているお姑さん。

妊娠出産を終えて、1ヶ月の里帰りから戻ると一人で家事と育児でてんてこ舞いのうえ夫の義母の電話攻撃に益々疲れて…キャッチボールの会話が苦しい...😨

そんなお嫁さんの話も同時に耳にすると相互の気持ちは充分理解ができます。

 

「孫は嫁のものなの?」と怒るお姑さんもいると聞くと「嫁の体験をしてきたお姑さん、昔の事を思い出してみましょう」と耳元で囁いてあげたくなるかもしれません。

 

妊娠・出産で一息ついても、慣れない子育てで本当に一生懸命で必死だったのではないでしょうか?

 

そんな時、そっと見守っていてくれていたり、実母のお手伝いがあったとしても温かい目で見守ってくれていたらお嫁さんとすれ違いの感情が起きないように思えます。

 

孫はモノでもありませんし、お嫁さんは大事な息子の妻であり、娘と思って接して見守っていてあげたいと思えるようになれたら、互いの信頼感は深まると思いませんか!

 

義実家に来ない理由を作らせていることも…

出産後お嫁さんが義実家に来ない、そして連絡がないという気持ちの理由としては、気を遣うことや慣れない子育てに気疲れ、さらに出かけることへの疲労も加わることで体調を崩しかねないことを懸念していたりすることもあります。

 

また意外と気が付いていない、お姑さん自身が発する言葉で傷つけている一言があったりします。この一言が次の行動に大きな変化となってきます。

 

また実家の親には遠慮なく言えることも、義実家の親には遠慮していえない事が多いですね、祖父母たちがよくやる「食事前なのにお菓子を与える」「テレビを長時間見させる」など注意することはかなり神経を使うことですし、祖父母側は「たまに来るのだから…」と子供の事を思ってくれる行為とは受け止められなくなったりします。

 

これは知らず知らずの内に誰もがしてしまう事ですが、心に思っていたことが何気なく口や行動に出てしまっていることです。

 

言われた側に心の余裕がない時は、大きく傷ついてしまうことから距離をとることへ発展していってしまっていることがあります。

もしかするとお姑さんも体験した経験があるのでは、出産前後は心身のバランスが崩れやすくちょっとしたきっかけで元気をなくしてしまうことや、子供のしつけに対して「おばあちゃんの家に来たら何してもいいよ」ということがあったのでは...。

 

 

息子家族と上手くやる方法

慣れない育児と家事のバランスがうまく取れない状況の中、産後の調子も芳しくない時はデリケートな状態をさらに高めることにも、子供が成長すれば躾の問題等で傷付くことになっていったりします。

 

孫に来てもらいたいと思っているようであれば、

優しくそっと接していること、

お嫁さんと息子の生き方を大事に見守っていることで、

お嫁さん夫婦から出向いてくれるようにもなります。

 

私の知り合いにも産後ほとんど孫を見たことがなかった祖父母が常に優しく見守っていると、お嫁さんの方から連絡が来るようになると同時に孫と一緒に遊びに来てくれるようになって、お嫁さんの実家より行き来が増えてきているといわれました。

 

祖父母の優しく温かく見守る姿勢とゆとりが月日を経て理解してもらえるように思えます。

生まれたばかりのかわいい孫を見ていたし、抱っこをしていたい気持ち十分理解できますが、先の長い人生ですから息子夫婦を大事に見守ってあげられるようなゆとりある人生を歩みたいですね。

 

人生の楽しみを祖父母自身見つける

人生の楽しみ方を子供たちに依存し要求する生き方を辞めて、人生の楽しみは自分で見つけて楽しんでいる方もいます。

 

孫ができて、会いたい抱っこしたいの気持ちが抑えられなくなって、趣味を見つけ出し息子家族のほうに目が行かないように人生を楽しまれている方もいます。

 

孫と英語で会話ができるように英語を習って孫に教えてあげたいと言って習われている方もいます。
祖父母の未来も孫の成長に役立つことで行き来ができれば嬉しいと楽しんでいる方もいます。

 

今あることに目をやらず、未来を自分の為にも孫と関わる機会になればと、積極的に愉しむ事で祖父母の人生の楽しみ方をしている方もいます。

 

孫も子も祖父母も楽しみあう関係ができると幸せですね (^^♪

 

 




-じぃじとばぁばの気持ち, 嫁・婿の気持ち

© 2021 孫育navi