じぃじとばぁばの気持ち

孫がかわいいと思うのはいつまで…?

孫は祖父母にとってかわいい存在ですが、ではいつまで可愛いと思って行き来ができるのでしょうか?

 

孫が可愛いと思う時期は個人差がありますが、生まれて成長を一緒に手伝っている頃が一番かわいいといわれる方、孫がお話しするようになって一緒に出掛けられる頃が可愛いと感じる方など人さまざまです。

 

可愛い孫との関わりはいつまでできるの?

祖父母は、孫がいくつになっても可愛く接していられるのですが、孫が成長をしていく段階で親や祖父母が疎ましく思う時期がきます。孫にとって成長期と言われちょっと寂しい気持ちになります。

 

孫によっては、両親に対しては反抗が強いけれど、祖父母に対しては両親ほど激しい反抗でない孫もいたりします。

 

思春期の頃は、両親を無視したり、体に障ると怒ったり、イライラして物にあたったりしている反面、親側から話さないようにしていると自分が無視されたと思って怒ったりと親にすると矛盾した行動でどのように対応していいのかが分からなくなることもおこってきます。

 

思春期の子どもの心は、親から自立したい気持ちと甘えたい気持ちが入り交ざったりして依存と自立の間で気持ちが揺れながら悩みの中で成長しています。

 

祖父母は、我が子を育ててきた経験もあることから孫を温かい目でそっと見守っていて、そのゆとりが親と違っていることから祖父母に親ほど反抗的な態度をとることが少ないようです。

 

孫の成長とともに孫との関わりは少なくなっていき、思春期の頃はそっと見守る関係になっていきます。

 

 

孫の可愛さは永遠?

祖父母が孫を可愛く思っていても、高学年になると孫も友達と遊ぶようにもなり、部活にも忙しくなることから祖父母との行き来も次第に少なくなっていきます。

 

孫は成長とともに、祖父母との行き来が無くなっていきますが、元気に成長していてくれている事でそっと安心して見守る愛情へと移っていきます。

 

祖父母も年を重ねることで穏やかで温かい気持ちでいることから、孫によっては悩みを話してきたりしますが、祖父母はそっと意見も言わず聞いていてくれることで気持ちが楽になって言ったりするようなこともあります。



祖父母は、孫の成長を温かく見守っている優しく温かい存在としていい関係を作っていけたらいいですね。

Twitter:孫への気持ち




-じぃじとばぁばの気持ち

© 2021 孫育navi