よくある悩み・トラブル

育児に寂しい旦那! 嫁の実家に行く事が原因?

共稼ぎの夫婦や激務の仕事を持った娘の旦那が子育ての協力ができず、妻や子供に寂しい思いをさせていると思いながら義実家に預け、協力してもらっていることに感謝しつつも申し訳なく思っていたりしているようです。

 

嫁娘夫婦の夫が多忙で常に子供との触れ合う時間が少ない為に、子供が泣いてなつかないというケースもあったり、休日も義実家に子供を預けて買い物等用事を済ませている息子娘夫婦も多くせめて休日くらいはとじぃじばぁばは思っていたりもしています。

子育てに寂しい娘の夫

孫の面倒を見る事が疲れているじぃじばぁばであっても、娘に用事がある場合などがあればとかく預かるようになります。孫が小さい場合には、慣れない子育ての夫に預けずに祖父母に預けることや、自宅に来てもらって面倒を見てもらっている家庭が多いようです。

 

中には、「旦那は使えない」からと厳しい指摘を婿が娘から言われ祖父母もどう受け答えすればいいのか戸惑うとまで言われます。
厳しい指摘を娘から言われたことで婿が孫と上手くいくように配慮しながら祖父母も力になっている家庭もあったりします。

 

祖父母がすべてを協力してしまうことで婿の親としての子育てがし辛くなってもいけなく、子供との大切な関りを遠ざけるようなことになれば寂しい環境を周りが作ってしまいかねません。

 

息子娘の休日に孫の面倒を拒否

仕事疲れを理由に休日もじぃじばぁばに面倒をみてもらうことに慣れが起きてくると、年を重ねてきたじぃじばぁばに負担が重くのしかかってくるようになります。

 

じぃじばぁばから少しづつ娘夫婦に休日の面倒を断られるようなことが頻繁に起こってきたりすることから、自分たちの甘えを知ることになったりします。

 

婿は、嫁の実家だからと遠慮しながら付き合っていることで、さらに行き辛い環境になっていったりしてきます。孫は、じぃじばぁばになついていればじぃじばぁばの家に行きたがりますから、娘と孫はじぃじばぁばの家に行っても娘の旦那は自宅にいることが多くなってきます。

 

ばぁばも娘の旦那がいれば一品多く作ったり、部屋も片付けたりとお客様を招く感じになって気を遣ったりしますが、娘や孫であれば気を遣うことなくいられることもあって、さらに娘の旦那が義実家から遠ざかるようなり、寂しい思いを婿がするようになりかねません。

 

じぃじばぁばも、「旦那が寂しがるからもう帰りなさい」と促したりしますが、娘や孫はパパの気持ちを知る由もなくいたりします。義実家で楽しんでいるようであればとパパは日頃の疲れ取りながら、寂しく妻や子供の帰りを待っていたりします。

 

私の知人にも、子供が小さなうちは土曜日から泊りがけで子供を連れてじぃじばぁばの家に行くそうです。もちろん、旦那さんは自宅にいますが、「毎回、家族で嫁の実家に行くわけにはいきませんから…。」と自分だけ自宅に残ることが体は休まるらしいのですが、やはり寂しくなるようでした。

 

 

じぃじばぁばの心の本音

1.毎週のように泊まりに来る孫や娘には、パパが寂しがるからという理由で土日用事を作って出かけたりしているじぃじばぁばもいたりします。

2.じぃじばぁばも頻繁に孫家族がくることで、特に、娘の協力がなく全ての家事をこなすばぁばにとって負担がかかることから土日は用事を作っていることもあるようです。

 

心身を癒すため、リフレッシュに出かけよう!

婿の心の本音

1.義実家で面倒見てくれて嬉しいが、自分の実家よりあまり嫁の実家に行ってほしくないと思っていたりします。

2.休日に嫁の実家に出かけてくれて体が休まるが、自分はいけないことに気持ち良くなく寂しい気持ちで待っていたりします。

3.子供が大きくなってきたら、家族だけで出かけたいと思っていたりします。

4.嫁の親が頻繁に自宅に出入りすることに嫁や子が助けられていても自宅に帰ってきた気持ちがなく休まらない。

 

祖父母は、どんな時も孫の家庭が上手くいくため、幸せになるためのサポート役に徹していられるようにしていたいですね。




-よくある悩み・トラブル

© 2021 孫育navi